『アロマ』って言葉、訳すと何かご存知ですか?

『みなさんアロマテラピーって言葉、日本語で訳すとどういう意味かご存知ですか?』


いつも私がレッスンの最初の時に、生徒さんにお尋ねする事です。



『アロマ』


『テラピー(またはセラピー)』





答えは、

『アロマ』→『芳香』


『テラピー』→『療法』       で、



『芳香療法』ということなんです(^^)


(参考、サイトからお借りしました)



アロマは香り、


テラピーは療法。


テラピー(セラピー)はもうほんといろんなところで使われてます。

アニマルセラピー、フォトセラピー、フィトセラピーなどなど♫






ちなみに『テラピー(セラピー)』が『テラピスト(セラピスト)』になると、

『療法士』の意味となります(^^)



私は常々、テレビのCMで

【アロマの香りで〜♫】と聞くにつけ、

芳香の芳香って、とツッコミたくなります(笑)


CMでは、柔軟剤や洗剤が、例えばラベンダーや、カモミールなどハーブのいい匂いに包まれて、とアロマをイメージでお伝えしてるんでしょうけど(^^)


一昔前は、アロマって何?だったのが、
もうアロマって聞くだけで、多くの人が、
アロマ=ラベンダーやカモミール、ミントなど、いい香り、のイメージで捉えてくださってるっていうのは、アロマさんにとっては嬉しい事なんですが♫

香りの香りって、ってツッコミを未だに入れる私もいます(笑)


あと、

『テラピー』と『セラピー』の違いについてもチョロリと(^^)



『アロマテラピー』『アロマセラピー』

みなさんどちらでお耳にする事が多いですか?


こうやって質問すると、最近はどちらも同じくらいのお答えですが、

『テラピー』『セラピー』とも意味は同じ、先ほどの『療法』となるのですが、



『テラピー』は、仏語読み

『セラピー』は、英語読み


なんです。


読み違うだけやん!て思われますが、


『アロマテラピー』はフランス発祥で、どちらかというと、成分とかメディカルな使い方とか、


『アロマセラピー』はイギリス発祥で、どちらかというと、オイルトリートメントとかリラクゼーションから始まった、とか、


今はどちらも研究もされ、進化してるので、ぱかっと区別するまでではないですが、


始めてアロマを学びにみえた方々には、わかりやすいように、上記のようなお話をさせていただいてます♫


奥は深いのですよ♫

ご興味ある方は、この続きはレッスンで(*^▽^*)








Rosemary

三重県津市でアロマハウスRosemaryとして、女性専用のアロマトリートメント&レッスンをしています。 HERBのパワーで心も身体も軽く。。 癒しの時間をあなたに♡

0コメント

  • 1000 / 1000